クラン・ロゴ Bank of river spey


*画像をクリックすると別ウィンドウが開きます。



リバー・スペイ  スコットランドの名峰ケアン・ゴームの北側から
ガラっと変る景色、冬にはブリザードが吹き荒れ
る事もしばしばですが、春になると赤紫色のヒー
スの花が大地を覆うハイランド地方独特の風景、
その中を北東へ流れる川がリバー・スペイです。
太古から繰り返されるサーモンの営み、多くのアン
グラーが憧れる川スペイ、その川から少しだけ受
ける天然の幸。
このサーモンは、14ポンド。



 ヴィクトリア女王即位後の大英帝国時代から、
ほとんど変る事なく続いてるであろう、リバー・
スペイ春の一コマ。ダブルハンド・ロッドがよく
似合うこの綺麗な風景にも人の手は入ってい
ますが、彼らはその川の自然を歪めずに、
上手く付き合っています。
その場しのぎの自然保護や、環境を浪費す
るだけではない彼らの姿勢からは、これから
の日本の川づくりの参項になる事も多くある
と感じます。

リバー・スペイ
アトランティックサーモン
 正真正銘、リバー・スペイのアトランティック
サーモン。エビ、イカ、小魚を捕食しながら
大西洋を回遊し、そして生まれ故郷の母川
へと、産卵のために回帰します。
産卵後には再び海へ下り、体力を取り戻し、
再度の産卵が可能となり、これを3〜4回
繰り返すうちに、とてつもない大きさへと成長
しつづける魚です。
北米のスチールヘッドと並び、世界中のアン
グラーの究極のターゲットの一つと言われて
います。

 ゆったりとした、ハリーのシングル・スペイキャ
スト。ロッドティップを高く持ち上げずに、低い
位置から一気にラインを引き抜くこのキャスト
方は、ロッドの反発力を十分に使える実践的
なキャスト方です。また、アンカーを着ける際
(イングランドやスコットランドではアンカーと
言う表現はしないが)フライラインから先に水
面へ突っ込む心配が無く、ラインと同時にフ
ライが着水するので、フライが絡むなどのト
ラブルを回避出来ます。
 スペイキャストにはその地方によって様々
なキャスト方が存在しますが、必ずしもこう
しなければいけないと言う決まりはありません。
使用しているロッドを十分に感じて、生かす
事が出来れば、それが正しいスペイキャスト
だと、ハリーは言います

シングルスペイキャスト


Back


COPYRIGHT 2000 Harry Jamieson Japan Co. ALL RIGHTS RESERVED